シクラメン 育て方

シクラメンの育て方.net

シクラメン 種からの育て方

読了までの目安時間:約 8分

 

スポンサードリンク


Cyclamen021

シクラメンで賑わう花屋

 

 

シクラメンを購入する時、
すでに開花している鉢植えであることが多いですが、
実は、種からでも育てられることをご存知でしょうか。

 

シクラメンを種から育てる方法を分かりやすく紹介します。


 

タグ :  

シクラメンの育て方

ガーデンシクラメン 夏の育て方

読了までの目安時間:約 8分

 

スポンサードリンク


今年も元気に咲いてくれたビクトリア系ガーデンシクラメン

 

 

秋~春にかけての生育期が終わり、
夏はガーデンシクラメンにとって少し辛い時期です。

 

この夏を乗り越えられるかどうかで、
次のシーズンもガーデンシクラメンを楽しめるかが決まります。

 

翌年も楽しむため、6月~8月頃の、
夏のガーデンシクラメンの管理方法をまとめました。


 

タグ :  

シクラメンの育て方

ガーデンシクラメン 冬の育て方

読了までの目安時間:約 8分

 

スポンサードリンク


gardenCyclamen030

ガーデンシクラメンは、シクラメンよりも寒さに強く屋外でも育ちます

(昨年購入、2016.02.06撮影)

 

 

ガーデンシクラメンにとっては冬の間も生育期間です。
冬の管理方法、水やり、肥料、防寒対策、花ガラ・枯れ葉摘み、
葉組みなどの作業を分かりやすくまとめました。


 

タグ :  

シクラメンの育て方

シクラメン 購入後の育て方

読了までの目安時間:約 6分

 

スポンサードリンク


hanaya2

年末の店頭に並んでいるシクラメンを眺めていると、
部屋に置いた時を想像してわくわくしますね

 

 

初めてシクラメンを育てる方も、何度かシクラメンを育てたことのある方も、
購入後の管理法によって、シクラメンを長く楽しむことができます。

 

シクラメンを購入したら、まず何をすれば良いのかをまとめました。

 

 

[シクラメン 購入後の育て方]

 

 

■購入後すぐに

 

お店で元気に咲いていたシクラメンも、
自宅に持ち帰ってみると、数日でしおれたようになってしまうことがあります。

 

特に水が切れていないのであれば、ストレスによるしおれの可能性があります。
シクラメンは、農家で管理されているうちは、温室などの中で、
シクラメンが育つのに適した環境で管理されています。

 

そこから出荷され、店頭に並ぶようになり、購入されて家に運ばれます。
シクラメンは環境の変化に少し敏感なため、度重なる引越しで疲れています。

 

しかも店頭と自宅では、環境が異なっていることも多いでしょう。
突然の環境変化に適応できず、葉や花が少しの間だけしおれてしまいます。

 

環境に慣れてしまえば、また元の通りに美しい葉と花で楽しませてくれます。
新しい環境に慣れるまで、だいたい7日~10日ほどが目安になります。 

 

この期間は、暖かい日も戸外には出さず、
日当たりの良い室内に置いて養生させるようにします。

 

室内も、できるだけ10度~20度に保ってあげると、株が落ち着きます。
慣らす期間の間も、水やりは行うようにします。

 

底面給水鉢の場合は、鉢皿の中の水がなくならないように注意します。
普通鉢の場合は、土の表面が乾いたら、たっぷりと水を与えます。

 

 

cyclamen2016new007

玄関など暗く寒い場所は苦手です

 

 

■環境に慣れたら

購入後しばらく経ち、シクラメンが新しい環境に慣れてきたら、
基本的な管理を行っていきます。

 

水やりは慣らし期間の間も行っているはずですので、そのまま続行します。
それ以外の管理法を確認しておきましょう。

 

・追肥
持ち帰ってから1週間以上経ったら、追肥を開始します。
底面給水鉢なら、薄めた液体肥料を鉢皿に溜めて与えます。

 

普通の鉢なら、タブレットや玉状の置き肥をしておきましょう。
液体肥料と緩効性の固形肥料では、肥効の期間が異なるので、
肥料切れにならないように注意します。

 

 

cyclamen2016-20

昼間は、窓辺で光を浴びさせます

 

 

・鉢回し
冬の間は、戸外が寒くて室内で管理することが多くなります。
基本的には日当たりの良い窓辺に置いて管理しますが、
ずっと同じ方向に向けていると、葉や花が太陽に向かって伸び株姿が乱れます。

 

正面から見ると分からなくても、横から見ると、
斜めになってしまっている場所があるでしょう。

 

株姿が乱れないように、時々鉢ごと回し=鉢回し、前後を変えてあげましょう。
太陽に当たる面が変われば、斜めだった花や葉も、しだいに戻ります。

 

また、株の中に光が差し込むよう葉組みもしてあげます。
>>シクラメン 葉組み方法

 

・戸外で日光浴
慣らし期間が終わったら、天気の良い暖かい日は、戸外に出して日光浴させましょう。
慣らし期間中は、急に戸外に出すと株が傷むことがあるのですが、
慣らし期間が過ぎていれば大丈夫です。

 

日中が10度以上になったら、戸外の日当たりの良い場所に置いておきましょう。
ただし、夕方になると急激に冷えてくるので、3時~4時には室内に取り入れるようにします。
*詳しいシクラメンの育て方は、こちらをご覧ください。
>>シクラメンの育て方

 

■参考
・シクラメン 育て方 温度は?
・シクラメン 室内の育て方は?
・シクラメンの育て方
・ガーデンシクラメンの育て方
◎ガーデンシクラメン 寄せ植え

◎ガーデンシクラメン 寄せ植え 簡単な作り方

 

タグ :  

シクラメンの育て方

シクラメン 冬の育て方

読了までの目安時間:約 9分

 

スポンサードリンク


hanaya

年末の花屋さん

 

 

シクラメンの開花シーズンは初冬~春です。
一般に花が少なくなる時期だからこそ、
豪華なシクラメンはとてもありがたい存在です。

 

プレゼントされた素敵なシクラメンや、前年から育てているシクラメンなど、
大切なシクラメンの花を多く楽しめるよう、冬の管理をしっかりと行いましょう。


 

タグ :  

シクラメンの育て方

ガーデンシクラメン 購入後の育て方

読了までの目安時間:約 6分

 

スポンサードリンク


gardencyclamen2016-41

ガーデンシクラメンがお店に並び始めると、わくわくしますね

 

 

最近では品種改良が進み、花型や花色も豊富になってきました。

 

どれを植えようかと選んでいる時間も、楽しいものです。
では、いざガーデンシクラメンの苗を購入したら、
どのように世話をすれば良いのでしょうか。

 

 

[ガーデンシクラメン 購入後の育て方]

 

 

■購入時期

 

ガーデンシクラメンの苗が多く出回るのは、10月に入ってからです。
ところが、早めから苗を販売していることがあります。

 

また、地域やその年の気候によっては、
苗の販売が始まる頃になっても、まだ暑いことがあります。

 

ガーデンシクラメンは、夏が苦手です。
特に早めから咲き始めるように、温室などで調整された株は、
暑さに当たると傷んでしまうことがあります。

 

せっかく苗を購入しても、冬になるまでに枯れてしまっては、残念です。
ある程度涼しくなってから苗を購入する方が安全ですが、
良い苗がなくなってしまう可能性もあるでしょう。

 

まだ少し暑い時期に、気に入った株を購入したい場合は、
購入後の置き場所や世話に気をつけます。

 

 

gardencyclamen

残暑の季節は、苦手なので涼しい環境を作ります

 

 

ガーデンシクラメンは、本来ならば日向を好みます。
しかし、まだ暑く日差しが強いのは、良くありません。

 

日が一日中当たる場所では、ガーデンシクラメンが傷んでしまいます。
そんな時は、午前中のみ日の当たるような、半日陰の場所に置いておきましょう。

 

あるいは、午後からの日差しが和らぐよう、寒冷紗や遮光ネットをかけます。
風通しが良く、涼しい場所に置くことで、花が過ごしやすくなります。

 

涼しくなってきたら、日向に移動させたり、
寒冷紗などをとり、たっぷりと日光浴をさせてあげましょう。

 

 

gardencyclamen2016-36

購入後、5日程度で寄せ植えにしました

 

 

■購入後の手入れ

 

・植え替え
大輪咲きのシクラメンなどは、環境の変化によるストレスを受けると、
一時的に調子を崩す場合があります。

 

ガーデンシクラメンの場合は、あまりストレスの影響を受けないため、
購入後すぐに植え付けをしても問題はありません。

 

ただし、念のために少し養生させるのが良いでしょう。
植え付ける時は、どれだけ注意をしていても、株に負荷がかかります。

 

環境の変化によるストレスと、植え替えによるストレスが同時にかかると、
少し弱っている株の場合、花数が極端に減る場合があります。

 

苗を購入後、蒸れないように、レジ袋や段ボールは、早めに取り除きます。
植え付ける環境に似た場所に、5~7日くらい置いて植え替えを行うと馴染みやすいです。

 

 

gardencyclamen2016-40

ガーデンシクラメンにストレスを与えないよう環境に注意して植え替えます

 

 

・植え付けの期限
ガーデンシクラメンの植え替えは、
花壇などの地植えか鉢植えかによって期限がことなります。

 

花壇などの地植えの場合は11月中旬、
寄せ植えなどの鉢植えの場合は12月中旬、
までに植え付けを完了させるようにします。

 

鉢植えの方が遅くまで植え付けが可能ですが、
できれば11月中に植え付けておく方が安心です。

 

また、植え付けをする時は、5度を下回らないうちに行うのが鉄則です。 
寒い地域などは、寒くなるのも早いので、鉢植えであっても、
12月中旬を待たずに5度以下になることがあります。

 

その場合は、寒くなる前に植え付けを完了させておきましょう。
本格的に寒くなる前に、しっかりと根を張らせておくと、
ガーデンシクラメンの耐寒性も上がり花も多く咲きます。

 

■参考
・シクラメン 育て方 温度は?
・シクラメン 室内の育て方は?
・シクラメンの育て方
・ガーデンシクラメンの育て方
◎ガーデンシクラメン 寄せ植え

◎ガーデンシクラメン 寄せ植え 簡単な作り方

 

タグ :  

シクラメンの育て方

シクラメン 2年目の育て方

読了までの目安時間:約 10分

 

スポンサードリンク


cyclamen1024-20

休眠せず夏越しした大型のシクラメン(2016.10.24撮影)

 

 

シクラメンを購入し、ワンシーズン楽しんだ後、難所である夏を越えたら、
2年目の新しいシーズンが始まります。

 

2年目になったシクラメンのじょうずな育て方のコツをご紹介します。

 

 

[シクラメン 2年目の育て方]

 

 

■シクラメンの様子

 

シクラメンが苦手な夏を越えることができたら、また新たなシーズンが始まります。
夏越しをする時は、葉を残した状態で過ごす非休眠法と、
葉を枯らした状態で過ごす休眠法があります。

 

どちらの状態で夏越しをしたかで、夏の終わりの状態が異なります。
また、株によっては夏の間に調子を崩していることもあるので、
シーズンが始まる前にチェックしておきましょう。

 

 

cyclamen1024-20-2

非休眠株、葉は暴れていますが株は元気ですなので葉組みをします

 

 

◎非休眠株
非休眠で夏越しをした場合、本来であればずっと葉は残ったままです。

 

ところが、夏の暑さや湿度の高さによって調子が悪くなった株は、
夏の間に少しずつ葉を減らし、気付けば葉がなくなっていることもあります。

 

1. 調子の良い株
調子が良い状態で夏を越せた株は、葉の色つやが良く、枚数も10枚以上と多めです。
また、球根もしっかりと締まっていて、カビなどの発生も見られません。

 

2. やや調子が良い株
葉は残っているものの、枚数が5枚以下になっている株は、
調子の良い株に比べると、少し疲れている可能性があります。

 

球根から新しい芽が出ている場合は、
植え替えをした後に調子が戻ることが多いです。

 

ただし、残った葉の一部が黄変していたり、
葉の付け根部分などがぶよっとして腐りかけたようになっていたら、
萎凋病にかかっている可能性があります。

 

この場合は、植え替えをしても調子が戻らず、枯れてしまう可能性があります。

 

 

Cyclamen

ガーデンシクラメンの非休眠株、このくらい元気なら2年目もOK!

 

 

3. 調子が悪い株
葉がだんだんと枯れてしまい、最終的には葉がなくなっているものは、
夏の間にずいぶんと傷んでいる可能性があります。

 

それでも、球根が硬くカビなどが見られないようであれば、
植え替え後に復活する可能性が高いです。

 

球根がぶよぶよと柔らかく、新芽も黒く枯れたようになっているものは、
植え替えをしても回復できない可能性があります。

 

◎休眠株
夏がくる前に意図的に水を減らし、葉を枯れさせて休眠していた株も、
8月下旬頃からだんだんと新芽を出してきます。

 

環境によっては、もう少し遅くから新芽が出てくることもありますが、
すでに球根が枯れている場合は、待っていても新芽が出てくることはありません。
枯れた球根と生きている球根を見分け、枯れている球根は処分しておきます。

 

・生きている球根
生きている球根は、形が丸くキレイな状態で残っています。
触ってみると球根が硬く、よく締まっています。

 

カビなどの異常も見られません。
新芽が見えないものも、時期がくれば新しい芽が出てくる可能性が高いです。

 

・枯死した球根
表面にカビが生えていたり、触ると腐ったように柔らかくなっているものは、
すでに枯死している可能性が高いです。

 

触ってみた時に、固い球根でも、表面の皮が浮いて破れていたり、
中が収縮してすかすかになっているものは、枯死した球根です。

 

 

gardencyclamen1024-20

球根も張りがあります

 

 

■夏越し直後が肝心

 

2年目以降のシクラメンも、基本的な管理方法は購入株と変わりません。
異なることは、シーズンが始まる直前、夏越し直後の手入れがあることです。

 

せっかく夏越しに成功しても、
植え替えに失敗すると、そのまま株が枯れてしまうこともあります。

 

また、購入した時は底面給水鉢だったシクラメンも、
普通鉢に植え替えられることが多いです。

 

底面給水鉢と普通鉢では、少しずつ扱い方が異なるので、
その点は気を使って世話をしましょう。

 

 

gardencyclamen1024-21

次々と出る花芽

 

 

■植え替え

 

植え替えは、非休眠株・休眠株と共通して、8月下旬~9月中旬が適期です。
夜の気温が25度を下回るようになったら、植え替えが可能になります。
非休眠か休眠かによっては、植え替え方が少し違うので注意します。

 

◎非休眠株の植え替え
非休眠株の場合は、今までの古い鉢よりも、一回り大きい鉢に植え替えます。

 

非休眠株は、ずっと根が動いている状態のため、
古い鉢から抜き出す時、新しい鉢に植え付ける時に、根を傷めないように扱います。

 

根鉢はほとんど触りませんが、根鉢の表面を少し崩す程度なら構いません。
ただし、むやみに根を傷つけるようなことは避けるようにします。

 

◎休眠株の植え替え
休眠株を植え替える時は、大胆な植え替えが可能です。
古い鉢から根鉢ごと抜き出し、古い土をすべて落としてしまいます。

 

古い根の三分の二くらいを切り落としてから、新しい鉢に植え替えます。
休眠状態のため、根を大きく切ることができるのが、休眠株の植え替えの特徴です。

 

ただし、土を落とす時に、無理に根を引っ張ったりして、
球根を傷めないようにだけ注意してください。

 

もし球根を傷つけた場合は、半日陰の場所で傷口を乾かしてから植え替えます。
傷ついてすぐに植え替えると、傷口から病原菌が入り込み腐りやすくなります。

 

 

gardencyclamen1024-22

植え替え後は、1週間ほど明るい日陰で養生します

 

 

■植え替えからシーズンオフ

 

植え替えが終わった後は、たっぷりと水を与えておきます。
底面給水鉢から普通鉢に変わった場合は、鉢皿の中の水に注意します。

 

底面給水鉢の場合は、鉢皿の中に水を溜めて管理していましたが、
普通鉢の場合は、鉢皿に水を溜めないように管理します。

 

鉢皿に水が溜まったままになると、過湿になって枯れる確率が高くなります。
植え替え後は、1週間ほど明るい日陰で養生させ、
徐々に日当たりの良い場所に移動させます。

 

植え替えが無事に済んだら、その後は通常と同じように管理します。
購入してきたばかりの株は、室内でのみ管理することがほとんどですが、
9月~11月くらいまでは、まだ戸外で管理できます。

 

室内に比べて戸外の方が日当たりが良いため、
葉の徒長を防ぎ、花数を増やすことができます。

 

夜の気温が10度を下回るようになったら、夕方に室内に取り込むようにします。
12月になり、日中も寒い日が多くなってきても、
日中の気温が10度を超えるようであれば、戸外に出して日光浴をさせます。

 

水やりや追肥、葉組みなどの管理は、1年目と同じで問題ありません。
1年目に比べると、開花が始まるのが遅いですが、
株が大きく生長した分、花数が増えていきます。

 

2年目も無事に楽しめたら、5年後、10年後も楽しめるよう、
ていねいに栽培管理していきましょう。

 

■参考
・シクラメン 育て方 温度は?
・シクラメン 室内の育て方は?
・シクラメンの育て方
・ガーデンシクラメンの育て方
◎ガーデンシクラメン 寄せ植え

◎ガーデンシクラメン 寄せ植え 簡単な作り方

 

タグ :  

シクラメンの育て方

ガーデンシクラメン 秋の育て方

読了までの目安時間:約 7分

 

スポンサードリンク


gardencyclamen1610097

ガーデンシクラメン、夏越し後、早ければ9月から新芽や花芽が生えてきます

 

 

ガーデンシクラメンは夏の間、休眠したり、
葉数を減らして過ごし暑さを乗り切ります。

 

夏越しに成功したガーデンシクラメンの、
秋、9月~11月頃の管理法をまとめ、ご紹介します。

 

 

[ガーデンシクラメン 秋の育て方]

 

 

■基本の栽培管理

 

・栽培環境
夏の間、休眠していた株も非休眠だった株も、
日陰の涼しい場所で過ごしていましたが、
秋になったら再び生育期に入るため、日向に移動させます。

 

非休眠株は、9月中旬頃から日向に移動させます。
休眠株は、株によってはまだ新芽が動き出していないものもあります。

 

新芽が動き出している株は、9月中旬以降であれば日向に移動することが可能です。
休眠株の球根の中心から、小さな新芽がひょっこりとあらわれるので、
見落とさないように、注意深く観察します。

日向に移動させても、9月中はまだ昼間が暑い日があります。
そういった場合、湿気が高いと蒸れやすくなるので、
できれば雨の当たらない場所に置き、水分管理は水やりで行います。

 

 

gardencyclamen1610095

夏越しできた株たち(非休眠株)

 

 

・水やり
非休眠で夏越しさせた株は、土の表面が乾いたら、たっぷりと水を与えるようにします。
鉢の下に鉢皿を敷いている場合は、余分な水が鉢皿に溜まるので、
水やりのたびに捨てておきます。

 

休眠株の場合は、新芽が動いていない株は、夏越し中と同じ管理で構いません。
新芽が動いているのを見つけたら、非休眠株と同じように、
土の表面が乾いたら水を与えるようにします。

 

秋は涼しくなってくる時期なので、
あまり土も乾かないだろうと油断していると水切れさせることがあります。

 

生育期に入ったガーデンシクラメンは、夏よりも吸い上げる水分量が増えています。
気温が低くなって土が乾きにくくなったと思い込まず、
毎日土のチェックをして、乾いていたら与えるようにしましょう。

 

 

gardencyclamen16-01

今年購入の株、良い香りがします

 

 

gardencyclamen16-02

花芽もたくさんついています♪

 

 

・肥料
9月に入ったら、ガーデンシクラメンの生育期に入ります。
そのため、夏の間は薄めに作っていた液体肥料も、通常の濃度に戻します。

 

カリが多めの液体肥料を1000倍に薄め、1週間に1回のペースで与えるようにします。

 

休眠株の場合は、新芽が動き始めてから追肥を行います。
それまでは夏越し中と同じように、追肥をする必要はありません。

 

また、植え替えを行った後は、2週間~3週間は追肥が不要です。
植え替えから2週間~3週間が過ぎたら、再び追肥を開始します。

 

・植え替え
ガーデンシクラメンは、庭植えや花壇、鉢植えや寄せ植えなど、
幅広く楽しむことができます。
9月に入ったら、植え替え・植え付けを行いましょう。

 

・鉢植え
鉢植えで育てている場合、夏越し前に植え替えを行っていない場合は、
9月に入ったら植え替えをしておきましょう。

 

1年間植え替えをしていない鉢の中の土は、
微塵が下の方に溜まっていたり、肥料のバランスが崩れていたりします。

 

微塵が一部に溜まると、水はけが悪くなってしまうので、
一度植え替えをしてリフレッシュさせましょう。

 

・寄せ植え、花壇
寄せ植えや花壇に植え付ける場合も、
9月に入ったら植え付けることができるようになります。

 

他の植物との兼ね合いで、9月中に植え付けができなくても構いません。
ただ、あまり植え付けが遅くなると、寒くなる前に根を張ることができず、
弱ったり、枯れてしまうことがあるので注意します。

 

植え付けは遅くても、寄せ植えなら12月中旬、
花壇なら11月中旬までに済ませるようにします。 

 

寄せ植えの場合、12月中旬ぎりぎりになってしまうと、
置き場所によっては寒さで傷むこともあるため、
11月中に植え付けておくのがお勧めです。

>>ガーデンシクラメン 寄せ植え

 

・元気な株とは?
夏越しに成功しているかどうか、新芽が出てくるまでは分かりにくいですね。
目の前の株が新芽を出す可能性があるのかどうか、
待ち遠しく不安になることもあるでしょう。

 

その場合は、球根を指で軽く押さえてみてください。
ぶよぶよとして柔らかくてなってしまっている場合は、
すでに球根が腐っているため、生育は望めないでしょう。 

 

柔らかくなっておらず、硬い場合でも、球根の表面の皮が剥けてしまい、
中がからっぽになっている場合は、再生の可能性は低いです。

 

残念ですが、このような株の場合は、諦めましょう。
今シーズンもガーデンシクラメンを楽しみたいときは、
早めに次の株を準備しておいた方が得策です。

 

■参考
・シクラメン 育て方 温度は?
・シクラメン 室内の育て方は?
・シクラメンの育て方
・ガーデンシクラメンの育て方
◎ガーデンシクラメン 寄せ植え

◎ガーデンシクラメン 寄せ植え 簡単な作り方

 

タグ :  

シクラメンの育て方

シクラメン 葉組み方法

読了までの目安時間:約 8分

 

スポンサードリンク


Cyclamen01

シクラメンを育てる時、葉組みという、
シクラメン特有の手入れをすると生育が良くなります

 

 

葉組みの作業は、室内で育てる大型のシクラメン、
小型シクラメン、ガーデンシクラメン共通です。

 

 

[シクラメン 葉組み方法]

 

 

■葉組みとは?

 

購入したばかりのシクラメンは、花が中心にかたまって咲いていて、
その周りを囲むようにして葉が茂っています。

 

どの販売点でも、大型・小型・ガーデンシクラメンに関わらず、
たいていの苗はこういった状態で売られています。

 

そのため、シクラメンは放っておいても、
花が中央に綺麗にまとまるように見えますが、
実はそうではないのですね。

 

花が中心に寄り、美しい株姿は、
生産農家の方の行き届いた手入れの賜物なのです。

 

シクラメンがの値段が高いのも、その手入れがあるからでしょう。
その手入れというのが、葉組みです。

 

シクラメンは球根の頭から、葉や花の茎を伸ばします。
自然の状態だと、どの場所から葉や花が伸びる、
というのは決まっていないので、混合状態で花と茎は伸びてきます。

 

それをそのまま放っておくと、葉と花茎が混ざってしまい、
花が中心には寄らずに、葉の合い間に散在するようになります。

 

葉組みを行うことにより、葉は外側に、花は中心へと移動し、
購入した時と同じような、美しい株姿を保つことができます。

 

 

yoseue1121 (1)

*花壇の奥にガーデンシクラメンなどを植え付けると、
葉組みや花ガラ摘みがしにくいので、
手入れできる範囲内に植え付けると良いです。

 

 

■葉組みの効果

 

葉組みをすると大きな効果は3つあります。

 

1. 日当たりを良くする
葉組みをせずに、自然に任せておくと、
どうしても株の中心が葉によって陰になってしまいます。
シクラメンは中心である球根から、葉や花の茎が伸びてきます。

 

この芽が日照不足になると、芽がきちんと生育することなく、

枯れてしまったりして、葉や花の数が極端に少なくなってしまいます。

 

葉組みをして、大きな葉を外側に動かすことで、

株の中心に日が当たるようになり、
新芽を健全に育てることができるようになります。

 

2. 株姿がきれいになる
葉組みをすることで、美しい株姿を保つことができます。
最初はキレイな状態を保てていても、購入した時の花が終わり、

 

新しい花茎や葉が伸びてくると、とたんに姿が乱れます。
そんな時に葉組みをすることで、花を中心に寄せ、

葉を外側に広げて元の株姿に近づけることができます。

 

3. 風通しが良くなる
シクラメンの内部は、すでに大きく育っている葉や花の茎や、

新しい芽が密集していて、風通しが悪い状態になりがちです。

 

風通しが悪くなると、カビが生えたり、

病気にかかりやすくなったりと、良いことはひとつもありません。

 

葉組みをして中心に空間をあけることにより、

風通しがよくなり、健康な状態を保つことができます。

 

 

■葉組みの頻度

 

・購入株
購入株の場合、既に葉組みの作業がされているので、
葉組みを頻繁に行う必要はありません。

 

生育期の間に、3~5回ほどではないでしょうか。

葉組みをした方が良いタイミングとしては、姿が乱れてきた頃です。

 

葉が中心に寄って、新芽に日が当たっていないと感じたら、
葉組みをして空間をあけてあげるようにしましょう。

 

・夏越え株
また、夏越しして2年目以降であれば、
生育期に入って1か月ほど経った頃=10月には、
葉組みをすると、その後の生長が格段に良くなります。

 

株や生育状態によりますが、生育期の間に、
7~10回くらい葉組みをしてあげます。

 

大型シクラメンやガーデンシクラメンは、
まず葉が伸びてきて、その後から蕾が出てきます。

 

そのため、茂った葉を放置しておくと、
ようやく出てきた蕾に、日が当たらず、
生長が鈍ったり、枯れてしまうことがあります。

 

生育期に入り、葉が茂り、株の中心に花芽が上がってきていたら、
葉組みをして光を当ててあげましょう。

 

 

hagumi001

夏越え株の葉組み前=葉や花の位置が散っています

 

 

hagumi002

夏越え株の葉組み後=葉の位置を整え花を中央に寄せています

 

 

hagumi003

葉も花も嬉しそうです♪

 

 

 

■葉組みの手順

 

1.まずは葉をかき分け、新芽が出ている部分を探します。
2.新芽を見つけたら、そこを中心にして、葉を外側へ動かします。
3.中心に集まっている葉は、たいてい新しく伸びた葉なので、
その葉を茎が絡まないよう、外側に移動させます。
4.中心に集まっていた葉を外側へ移動すると、
大きくてごわごわした古い葉が中心近くに残るので、
その葉も茎が絡まないように外側に移動させます。
5.外側に移動させた大きい葉を、
さらに下に引っ張って、鉢の縁に沿うようにします。
6.2日~3日は直射に当てず、明るい日陰に置いた後、日向に移動させます。

 

 

hagumi

葉組みの方法

 

 

・葉を移動する時、他の葉や花茎と移動する葉の茎が交差しないよう、
茎の状態をよく見ながら葉組み作業を行いましょう。

 

・葉の中から花茎が伸びてしまっている場合は、
葉と同じ要領で、茎が交差しないように気をつけて中央に移動させます。

 

・葉組みはシクラメンの株の中心に光を当てるための作業ですが、
作業後は必ず一回日陰で休ませてから日向に置きます。

 

それまで暗い場所で過ごしていた小さな芽に、
突然強い光を当てると傷むことがあります。

 

必ず2日~3日は明るい日陰で慣らしてから、
日向に移動させるようにしましょう。

 

■参考
・シクラメン 育て方 温度は?
・シクラメン 室内の育て方は?
・シクラメンの育て方
・ガーデンシクラメンの育て方
◎ガーデンシクラメン 寄せ植え

◎ガーデンシクラメン 寄せ植え 簡単な作り方

 

タグ : 

シクラメンの育て方

ガーデンシクラメンの育て方

読了までの目安時間:約 13分

 

スポンサードリンク


■ガーデンシクラメン 栽培スケジュール

 

GS-Schedule

 

 

■ガーデンシクラメン 栽培データ

 

英名・学名 cyclamen・cyclamen persicum
形態 多年草
原産地 北アフリカ~中近東、地中海沿岸
草丈/樹高  15cm~25cm
開花期 10月~4月
花色 白、赤、ピンク、紫、複色
栽培難易度(1~5)  2
耐寒性 やや弱い
耐暑性 普通
特性・用途  花期が長い

 

 

Cyclamen

ガーデンシクラメンは、耐寒性が強く、
室内で楽しむ大型シクラメンよりも、栽培がとても容易で、

1株500~700円(2015.10.28 ネット価格)と、価格もかなり安いです。

 

冬季は、庭に花が少なくて寂しい時期です。
姿形、花色が豊富で、葉の模様や色も多彩な、
ガーデンシクラメンで、寄せ植えや庭を彩ることができます。

 

 

■ガーデンシクラメンの育て方

 

・苗を選ぶ場合
9~11月頃になると、園芸店やホームセンターなどに、
ガーデンシクラメンの苗が並び始めます。

 

苗が多い早い時期に購入する方が好みの品種を選べます。
しかし、あまり早い時期に購入しすると、
暑さや環境の変化で株が急激に弱ることがあります。

 

ガーデンシクラメンの苗は、ある程度涼しくなる、
10月中旬以降に購入したほうが、冬に向けて元気な苗を選びやすいです。

 

また、ガーデンシクラメンは、品種により耐寒性・耐暑性がかなり違います。
なので、品種とその特徴を理解して購入すると育てやすいです。

 

 

gardenCyclamen

健康な苗を選ぶと寄せ植えも長く楽しめます

 

 

◎ガーデンシクラメン 良い苗の選び方
1.葉の枚数が多く大きさがそろっている
2.花、蕾が多く球根にも新しい蕾が多数ついている
3.球根や葉が黄ばんでいたりカビが生えていない
4.葉や花に変色や変形がない
5.品種が明記されている
*より詳細は下記をご覧ください。
>>ガーデンシクラメン 苗の選び方

 

・栽培環境
ガーデンシクラメンは、大型のシクラメンに比べると、
耐寒性が強く耐暑性もやや強いので、
屋外で比較的容易に育てることができます。

 

花壇、庭などに地植えもできますし、
寄せ植え・鉢植えなど容器栽培にも向いています。

 

寒さよりも暑さに多少弱いので、
地植えで夏越しをさせたい場合は、
冬は日が当たり、夏は明るい日陰や半日陰になる場所が最適です。

 

湿気が高く、空気がこもった状態を嫌うので、
いずれの季節も風通しの良い場所が適しています。

 

・植え場所の準備

◎庭植え=地植えの場合
苗を植え付ける2週間ほど前には、植え付け場所の準備を終えます。
植え付ける場所を、深さ15cm~20cmほど掘り返し、
よく耕してふかふかにしておきます。

 

ガーデンシクラメンは水はけの良い土を好みます。
水はけが悪い場合は、腐葉土を入れたり、
植え付け場所を高くして調整しておきましょう。

 

そして、元肥として粒状の緩効性化成肥料を加えて、
土とよく混ぜておきます。

 

 

Gardencyclamen (1)

透き通るような花びらが魅力です

 

 

◎鉢やプランターの場合
鉢やプランターで育てる場合、
深さが15cm~20cmくらいのものを選ぶようにしましょう。

 

ガーデンシクラメンは、あまり深くに根を張らないため、
深鉢にする必要はありません。

 

むしろ必要以上に深い容器に植えてしまうと、
水はけが悪くなって株が弱ることもあります。

 

深鉢にしたい場合は、
鉢底石を多めに入れて深さを調整するようにします。

 

容器の底には、必ず鉢底石などを敷き、
水はけが良くなるようにしておきます。

 

使用する用土は、初心者のかたは、シクラメン専用の培養土を使うと安心です。
自作する場合は、小粒赤玉土6割、腐葉土4割に、
緩効性化成肥料を通常量の半分くらい足すのが良いでしょう。

 

・植え付け
ガーデンシクラメンが寒さに強いといっても、
本格的に寒くなるまでにしっかりと根を張らせておかないと、
寒さに耐えられなくなり、枯れることがあります。

 

本格的に寒くなる1か月ほど前には、植え付けを済ませておくようにします。
鉢植えであれば、12月上旬頃まで植え付け可能です。

 

しかし安全策をとって鉢植え庭植え地植えも、
11月中旬頃までに植え付けることをおすすめします。

 

 

Cyclamen-niwaue

◎庭植え=地植えの場合

ガーデンシクラメンは、生育・開花中に、

花ガラ摘みや葉組みなどの手入れをするとよく育ちます。

 

この花ガラ摘みや葉組みをするために、
苗は手の届く範囲内、花壇の手前に植え付けることをお勧めします。

 

では、まず苗をポットのまま植え付ける予定の場所に置いて、
場所を確認しておき、配色などもチェックします。

 

ガーデンシクラメンを複数植える場合、
株間は15cm~20cmと、やや狭くとっておきます。
*株間は、株の中心から中心の距離です。

 

株間を広くとっても、葉が横に伸びて茂らないので、
広くとりすぎると貧弱に見えてしまいます。

 

株が干渉しない程度に株間をあけて植え付けると、
無駄な隙間がうまれず、見栄えがします。

 

植え付ける時は、ポット苗の球根の位置が良いか確認しておきます。
ガーデンシクラメンは、球根が表土から少し出ているくらいが良い状態です。

 

球根が土に埋まってしまっていると、腐ったりカビが生えやすくなります。
もしポットの球根が、土に埋まっている場合は、
球根の周りの土を押さえて、球根上部を見えるようにします。

 

 

Cyclamen-hatiue

◎鉢やプランターの場合
鉢やプランターの場合も、ち庭植えとほとんど同じです。
株間はあまり広くとる必要はありませんし、
球根の上部は上に出すように調節しましょう。

 

どちらの庭植え、容器栽培とも、
植え付けた後は水をたっぷりと与えておきましょう。
ただし、球根や葉、花に水がかかららないように注意します。

 

・水やり
植え付けから1週間~2週間ほどは、まだ根が落ち着いていないため、
あまり乾燥させないように水やりをします。

 

それ以降、地植えはよほど雨が降らずに、
土が乾燥していると感じた時のみ、水を与えるようにします。

 

寄せ植えや鉢植えの場合も、
冬の間は土の表面が乾いて見えてから2日~3日経ってから、
容器の底から水が出てくるまでたっぷり与えるようにします。

 

冬の間、夕方以降に水を与えると、水が凍って株が傷みます。
できるだけ気温の高い日中に与えるようにします。

 

どの時期でも、水を与える時は、
花、葉、球根に水が当たらないように注意してください。

 

じょうろの蓮口を外したり、水差しのような先の細いもので、
株の周りの土に直接水をかけるようにします。
夏場、休眠している株には水は不要です。

 

・追肥
植え付けから2週間~3週間の間は、
元肥が効いているので、追肥は必要ありません。

 

それ以降は、1週間に1回のペースで、
規定通りの薄めた液体肥料を与えるようにします。

夏に休眠した株には、追肥をする必要はありません。

 

 

・花ガラ摘み
咲き終わった花や、傷んだ葉があったら、こまめに摘むようにします。
茎の付け根を指で持ち、軽くひねるようにして引っ張ると
比較的簡単に摘み取ることができます。

傷んだり黄ばんだ葉も、同様に取り去ります。

 

 


・葉組み
また、株姿が乱れたり、葉が中央に寄りすぎて、
新しい蕾や葉に日が当たりにくい場合は、葉組みを行います。

 

葉を外側に広がるように指で引っ張り、中央に日が当たるようにします。
また、葉が内側に、蕾が外側になっている場合は、
茎が折れないように注意しながら、花が中心にくるように寄せます。

 

・植え替え
庭植えや寄せ植えにしたガーデンシクラメンは、
できれば5月に1株ずつ4~5号の鉢に清潔な用土で植え替えます。

 

・夏越し
◎非休眠株
ガーデンシクラメンは、休眠しない品種が多いです。
風通しの良い半日陰に置き、水やり、追肥も行います。
開花することもあるので、花ガラや枯葉を取り除いてください。

 

◎休眠株
初夏になり、だんだんと葉が少なくなってきたら、休眠の準備に入っています。
徐々に水やりの回数を減らしていくと、完全に葉が枯れて球根だけが残ります。

 

容器栽培の場合は、そのまま風通しの良い涼しい日陰に置いておきます。
庭植えの場合、涼しい場所であれば植えたままでも良いですが、
梅雨までに掘り上げて鉢上げし、涼しい場所に移動させておく方が無難です。

 

 

Cyclamen (3)

 

Gardencyclamen (2)

ガーデンシクラメンをこのように世話をすると、
9~10月くらいから花芽が次々と上がって咲き始めます。

 

 

■病害虫

 

ガーデンシクラメンは、過湿の状態になると、
病害虫の被害にあうことが多くなります。

 

病気では灰色カビ病というものにかかりやすくなり、
害虫ではナメクジが葉や花を食害します。

 

どちらも過湿が原因で起きやすいので、土は水はけの良いものを使い、
水やりは土が乾いてから与えるようにしましょう。

 

■ガーデンシクラメン 育て方のコツ
1.病気や徒長していない健康な苗を選びます
2.水はけの良い清潔な土に植え付けます
3.過湿や風通しには十分注意します 

 

■参考
・シクラメン 育て方 温度は?
・シクラメン 室内の育て方は?
・シクラメンの育て方
・ガーデンシクラメンの育て方
◎ガーデンシクラメン 寄せ植え

◎ガーデンシクラメン 寄せ植え 簡単な作り方

 

>>シクラメンを各種見てみる
[シクラメン] ブログ村キーワード

 

タグ : 

シクラメンの育て方