シクラメン 育て方

シクラメンの育て方.net

ガーデンシクラメン 室内の育て方は?

読了までの目安時間:約 8分

 

スポンサードリンク


gardencyclamen002-4

ガーデンシクラメンにも美しい花が増えました、部屋でも鑑賞したいですね♪

 

 

シクラメンには色々な品種がありますが、
大型のシクラメン、ガーデンシクラメン、ミニシクラメン、
原種シクラメンに分けることができます。

 

大型で大輪咲きのシクラメンは、適温範囲が少し狭いため、
冬の間は室内で管理しながら鑑賞して楽しみます。

 

ミニシクラメンは、大輪咲きに比べて花の大きさが小さい品種群です。
性質は品種によって少しずつ異なりますが、ミニシクラメンの場合は、
大輪咲きのシクラメンに比べると、少し耐寒性があるものが多いです。

 

ガーデンシクラメンは、大型のシクラメンに比べると、
耐寒性も耐暑性もあるため、年間を通して戸外・室内で管理し楽しめます。

 

ですので、ガーデンシクラメンは戸外で管理することが多いのです。
ガーデンシクラメンを室内で育てるには、少し工夫が必要です。

 

 

[ガーデンシクラメン 室内の育て方]

 

 

■ガーデンシクラメンの性質

 

ガーデンシクラメンは、大型シクラメンに比べ、寒さにも暑さにも比較的強いです。

近日、品種改良により、冬の花壇に植えても開花する品種も増えました。

 

ただし、強いといっても、耐寒性の強い植物に比べれば、寒さには弱いですし、
夏の暑さに強い植物に比べれば暑さにも弱いです。

 

ガーデンシクラメンは、シクラメンの仲間の中では、
耐寒性と耐暑性が強いですが、一般の植物よりは寒暖には繊細です。

 

夏の暑さは、風通しの良い日陰で管理するなどして夏越しすることができます。
冬の寒さは、霜がおりたり土が凍ったりしないように防寒します。

 

ガーデンシクラメンは、夏の間は暑さをしのぐため、休眠するものもあり、
非休眠状態で夏越ししている場合も、生育はわずかです。

 

ガーデンシクラメンの花後の生育期間は、夏の終わり頃から初夏までです。
この生育期間中は、日当たりの良い場所に置いて日光をたくさん浴びせることで、
新しい葉芽や花芽を形成し、大きく育ちます。

 

 

gardencyclamen201620

日の当たる窓辺に置いて、時々窓を開けて風を入れると良いです

 

 

■ガーデンシクラメンの室内での管理法

 

基本的には屋外管理をするガーデンシクラメンですが、
最近では花型や花色の種類も豊富になり、室内でも楽しみたくなりますね。

 

室内栽培の場合、できるだけ屋外の自然環境と似た環境を作ることが大切です。

ガーデンシクラメンを室内で丈夫に育てるためのコツをご紹介します。

 

・置き場所
ガーデンシクラメンは、日当たりと風通しの良い場所を好みます。
室内でも窓辺なら日当たりが良いと感じるかもしれませんが、
実は戸外と比べるとずいぶんと日当たりが悪くなります。

 

また、秋~春までの寒い時期には、窓を閉め切っていることも多いです。
窓を閉めていると、室内の空気が動かないので、
必然的にガーデンシクラメンの周りも風通しが悪くなってしまいます。

 

ガーデンシクラメンを室内で楽しむためには、
まずこの日当たりと風通しの2点をクリアする必要があります。

 

 

gardencyclamen201620-2

葉組み、花柄摘みなど基本的な世話をすると、よく咲きます

 

 

◎日当たり
室内の中であれば、やはり窓辺が一番日当たりの良い場所となります。
できれば日が差し込んでいる場所が適しています。

 

それでも、戸外の日当たりの良い場所よりは、日照時間が短くなります。
日照不足になったガーデンシクラメンは、葉がやたらと大きくなったり、
球根から出た新芽などが大きく育ちにくかったりすることがあります。

 

せっかく伸びてきた花芽も、日照不足によって枯れてしまうことがあります。

 

室内のできるだけ日当たりの良い場所に置くとともに、
時々は戸外に出して日光浴をさせましょう。

 

できれば晴れた日は毎日出してあげたいところですが、
都合で毎日は難しい場合もあるでしょう。

 

その場合は、水やりのタイミングで日光浴をさせるようにします。
ガーデンシクラメンは、戸外で管理する時と同じように、水はけの良い土で育てます。

 

冬の寒い時期であれば、毎日~数日に1回のペースで水やりをします。
この水を与える時に、必ず鉢底から余分な水が出てくるまで与えるようにします。

 

室内であれば鉢皿で受ける必要がありますが、戸外なら鉢皿は不要です。
水やりをする日、戸外の日当たりの良い場所に、
ガーデンシクラメンを置き、水をたっぷり与えます。

 

余分な水が切れてからも、できれば午前中いっぱいくらいは戸外で日光浴をさせましょう。
たった数日間の日光浴でも、日照不足を解消するにはお勧めの方法です。

 

 

Gardencyclamen007

天気の良い日は、外に出して日光浴をさせます(原種シクラメン)

 

 

◎風通し
風通しの悪い場所で管理していると、株元が蒸れてしまったり、
球根や葉柄、花柄にカビが発生することがあります。

 

また、コナジラミやハダニなど害虫が発生し、株を弱らせることもあります。
できるだけ風通しの良い場所を選びたいですが、室内では難しい場合は、

 

日当たりを確保する時と同じように、
時々は外に出して戸外の新鮮な空気に当ててあげましょう。 

 

ただし、あまり強風が吹いている時は戸外に出すのを控えます。
室内で管理している株は、常に戸外で管理している株に比べ、
少し性質が弱くなる場合があります。

 

穏やかな室内に慣れてきたところで、寒い風が吹き抜ける戸外に出すと、
株がストレスを受けて一気に傷むことがあります。

風通しといっても、強い風ではなくそよ風くらいが最適です。
また、室内を換気するとき、あけた窓辺に置いておくだけでも違います。

 

・その他の管理
置き場所や水やりの他、追肥や夏越し中の管理は、
戸外で管理している株と同じで構いません。

 

上手に管理すれば、室内であっても、
何年もガーデンシクラメンを楽しむことができます。

 

■参考
・シクラメン 育て方 温度は?
・シクラメン 室内の育て方は?
・シクラメンの育て方
・ガーデンシクラメンの育て方
◎ガーデンシクラメン 寄せ植え

◎ガーデンシクラメン 寄せ植え 簡単な作り方

 

タグ :  

シクラメンの育て方 Q&A

ガーデンシクラメンに適した用土は?

読了までの目安時間:約 7分

 

スポンサードリンク


gardencyclamen2016-102022

2年目のガーデンシクラメンの花が上がってきました(2016.10.20撮影)

 

 

Q.ガーデンシクラメンに適した用土は?

 

私もシクラメンが大好きで毎年5~6鉢を育てています。
今回は夏越しが比較的楽と言われているミニシクラメン4鉢と、
ガーデンシクラメン3鉢の計7鉢の夏越しに挑戦しました。

 

5月に直射日光の当らない日陰に移し、
8月の超残暑もそこそこ葉がある状態で乗り切ったので、
9月始めに植え替えをしました。

 

シクラメン専用の有機質が多い専用養土にバーライトを混ぜて植え替えましたが、
いまいち調子が悪い(葉が丸まります)のです。

 

シクラメンはph5.5~6.0の弱酸性が好みとネットで調べ、
山野草の用度(ph5.5程度)に鹿沼土を混ぜた土で再度植え替えたところ、
更に調子が悪くなり、7鉢の内2鉢は枯死、
残り5鉢も内2鉢は完全に葉がなくなりました。

 

これはまずいと思っていたところネットで本サイトに巡り合い、
赤玉3、軽石(小)3、腐葉土4にパーライト適量を混ぜた土で、
再再度植え替えたところ現在は多少持ち直している状態です。

 

ただ葉が無くなった2鉢はまだ坊主のままですが。
そこで教えてください。シクラメンの土は、
phは6.0~7.0、ピートモス等の有機質たっぷり水持ちがいい土よりも、
水はけのよいさっぱり系の土が適しているのでしょうか?
*Oさんからご質問をいただき回答しております。

………………………………………………………………………………

 

gardencyclamen2016-102023

ちょっと徒長しましたが、こちらも夏越しして元気に花芽を上げています。

用土は、小粒赤玉土6割、腐葉土4割に、緩効性肥料を通常の半分ほどにしています

 

 

A.ガーデンシクラメンに適した用土は?

 

ミニシクラメンとガーデンシクラメン、計7鉢のうち2鉢が枯死、
残りの5鉢のうち2鉢は丸坊主状態とのことですが、
ひとまず夏越しには成功していたようですね。

 

ただ、夏越し後の植え替え時に使った土が少々シクラメンには合わなかったように思います。
1回目、有機質たっぷりのシクラメン専用用土にパーライトを混ぜて植え替えとあります。

 

有機質たっぷりということは、ピートモスが主体だったのでしょうか。
ただ、シクラメン専用に作られた用土であれば、
すでに水はけは良い状態に調整されていた可能性があります。

 

・パーライト
そこにさらにパーライトを混ぜて水はけを良くしているので、
水はけが良すぎた可能性があります。

 

葉が丸まるといった症状は、水切れを起こした時に出やすい症状です。
もし、朝に水を与えても、夕方には鉢土全体が乾く状態では、水はけが良すぎます。

 

・鹿沼土
2回目に使った土は、山野草専用用土に鹿沼土を混ぜたものを使ったとのことですが、
鹿沼土はどれくらい入れたのでしょうか。

 

鹿沼土は硬く、これもまた水はけを良くします。
ただ、2回目に使った土は、山野草用土ということなので、
水もちの良い土だったように思います。

 

ここに鹿沼土を入れて水はけを確保できたのは良かったのですが、
ここで気になるが鹿沼土の大きさとphです。

 

鹿沼土の1粒が大きいタイプだと、鹿沼土と鹿沼土の間に大きな隙間ができます。
ここに山野草用の細かい用土が入り込んでしまうと、
逆に水はけが悪くなってしまうことがあります。

 

さらに鹿沼土は酸性に傾きやすいものです。
すでにph5.5に調整された山野草用土に鹿沼土を入れると、
さらに酸度が高くなってしまいます。

 

・phは?
シクラメンはph5.5~6.0くらいの弱酸性で問題ありません。
土質は、どちらかというと水もちの良すぎるものよりも、水はけの良い土を好みます。

 

シクラメンの根は酸素を要求するため、水もちの良すぎる土では、
根腐れを起こしてしまいます。

 

また、根腐れしないまでも、酸素供給量が少なく、生育不良になることもあります。
かといって、水はけの良すぎる土では、水切れを頻発して根と葉が傷み、
丸坊主になったり枯れてしまうことがあります。

 

加減は難しいですが、現在は調子が戻りつつあるとのことなので、
今の土が一番合っていると考えて良いでしょう。

 

今回、調子を崩したり枯死してしまった原因としては、
1. 水はけが良すぎた
2. 酸度が高すぎた
3. 根が傷んだところに植え替えを何度もした

という3つが考えられます。

 

今の状態で様子を見ていただいて、調子が崩れることがないのであれば、
今後は通常と同じ管理法で問題ないかと思います。

 

植え替えた土に元肥を入れていないのであれば、
植え替えから2週間ほど経ってから追肥を開始してください。

 

一度根が傷んでいる可能性が高いので、
最初は少し薄めの液体肥料から始めると良いかもしれません。

 

まだ坊主のままの株も、新芽が見えているのであれば、復活する可能性があります。
球根がカビたり、柔らかく腐ったようになっている場合は、諦めた方が良いかもしれません。

 

元気なシクラメンの開花をまた見られることを願っています。
*回答=幸さんです

 

■参考
・シクラメン 育て方 温度は?
・シクラメン 室内の育て方は?
・シクラメンの育て方
・ガーデンシクラメンの育て方
◎ガーデンシクラメン 寄せ植え

◎ガーデンシクラメン 寄せ植え 簡単な作り方

 

タグ :  

シクラメンの育て方 Q&A

ガーデンシクラメン 花壇

読了までの目安時間:約 10分

 

スポンサードリンク


gardencyclamen201621

色でまとめて植え付けてもきれいです

 

 

ガーデンシクラメンの開花時期になってくると、
店頭にはたくさんのかわいらしいガーデンシクラメンが並びます。

 

つやつやとした葉に中央で咲き揃った花は、花壇植えにもぴったりです。
また、近年、耐寒性が強い品種が多く作出されています。

 

ガーデンシクラメンを花壇で楽しむためのコツをご紹介します。

 

 

[ガーデンシクラメン 花壇]

 

 

■ガーデンシクラメンを選ぶ

 

店頭に並ぶガーデンシクラメンを見てみると、
意外と花色や品種の種類が多いことに驚かされます。

 

オーソドックスで可愛らしいピンクはもちろん、
シックな深紅や赤紫、爽やかな白にバイカラーと様々です。
良い香りがする品種もあるので花壇に植えると空間いっぱい香りが立ち込めます。

 

さらに花の形も、よく見かけるタイプのものから、
花弁が少し細めのもの、花弁の縁がフリル状に波打ったものなどがあり、
雰囲気や好みによって選ぶことができます。

 

 

gardenCyclamen002
フリル付きの2色の愛らしい花びら

 

 

フリルのあるバイカラーなどはとても目立つので、
花壇のメインにするのにぴったりですし、
オーソドックスな花色と形のものは、メインにしても、脇役として植えても素敵です。

 

メーカーによって品種が異なることがありますが、
特徴や性質は似ているので、どれを選んでも構いません。
好みに合ったものを選び、翌年の春まで楽しみましょう。

 

好みのガーデンシクラメンを選んだら、次は苗の状態のチェックです。

 

◎苗のチェック

・花が数輪咲いている
・株元などにカビがない
・球根が柔らかくなっていない
・病害虫の痕がない

 

このような健全で元気の良い苗を選ぶことで、
実際に花壇に植え付けた後の生育や花数が変わる場合があります。

 

栽培上級者の方などは、少し弱っている株でも再生できると思いますが、
初心者の方や不安な方は、良い苗を購入し、植え付けると安心です。

 

苗はできるだけ数がそろっているうちに買いに行き、
たくさんある中からより良い状態のものを選ぶのが良いです。

 

 

gardencyclamen201620

ハボタンを入れると、和的な雰囲気に

 

 

■ガーデンシクラメンに適した環境

 

ガーデンシクラメンは、室内で楽しむ大輪のシクラメンに比べると、
耐暑性も耐寒性もあり丈夫です。

 

けれどガーデンシクラメンにとって合わない環境で育てれば、
枯れてしまったり、花数が極端に減ってしまうこともあるので、
できるだけ環境を合わせてあげるようにします。

 

◎ガーデンシクラメンに適した環境 
・日当たりが良い
・風通しが良い
・土の水はけが良い

 

このような環境であれば、ガーデンシクラメンに最適です。
日当たりは一日中でなく、半日陰くらいまでであれば育ちます。

 

ただ、日当たりの良い場所に比べると、花数が減る場合があるので注意が必要です。
風通しが悪いと、灰色カビ病などの病気にかかりやすくなります。

 

かといって強風に当たると、せっかくの花や葉が傷みやすくなるので注意します。
ガーデンシクラメンは過湿を嫌うため、水はけの良い土で育て、
風通しの良い環境を作るようにします。

 

 

gardencyclamen201622

後ろ側に丈の高い植物を入れるとメリハリがもっと出ます

 

 

■花壇のデザイン

 

ガーデンシクラメンを実際に植え付ける前に、花壇にデザインをしましょう。
前もってデザインをしておくことで、迷いなく植え付けることができます。

 

うまくデザインできるか分からないという場合でも、
インターネットの画像を参考にしたり、
雑誌に掲載されているデザインを真似てみたりしても良いでしょう。

 

ガーデンシクラメンと一緒に花壇に植え付ける植物は、
ガーデンシクラメンと似たような環境を好むものを選ぶと、
栽培管理が楽で、良い花壇ができるでしょう。

 

◎ガーデンシクラメンと相性の良い植物
ガーデンシクラメンと相性の良い植物をいくつか知っておくと、
デザインのヒントにできます。

 

 

sweet-alyssum

・アリッサム
こじんまりとまとまる傾向のあるガーデンシクラメンと、ふんわりと広がるアリッサムは相性抜群です。
アリッサムはとても丈夫なので、生育環境もガーデンシクラメンと合います。
草丈も低いので、花壇の縁取りにできます。

 

 

pansy

・パンジー、ビオラ
秋~春にかけての花壇に植えたい花の代表です。
花期が長く丈夫で、しかも色や花の大きさや形もたくさんあるので、組み合わせ方は無限大です。

 

 

oridururan
オリヅルラン

 

 
heuchera
ヒューケラ

 

 
・カラーリーフ
オリヅルランやヘリクリサムなど、常緑のカラーリーフを入れることで、配色や動きにメリハリが出ます。
ヒューケラなどは、色や形に種類があって魅力的ですが、
冬に地上部がなくなるので、使用する場合はそれを念頭に置いておきます。

 

 

kingyoso

・キンギョソウ
矮性と高性の品種があるので、デザインによって品種を変えることで合わせやすくなります。
色幅も広く、適した栽培環境も広いので、ガーデンシクラメンに合わせやすいです。

 

・カレックス
線の細いカレックスのようなリーフ類を配置すると、花壇全体に動きが出てセンスアップされます。
カレックス自体も丈夫ですし、

ガーデンシクラメンと好む環境が似ているので1株だけでも入れておくと全体が締まります。

 

◎植え付け時の株間
デザインをする時は、植物同士の株間も計算に入れておきましょう。
ガーデンシクラメンの場合は、球根植物なので、それほど広い株間を必要としません。

 

ガーデンシクラメン同士を隣り合わせる場合は、葉が触れあわない程度が目安です。
ガーデンシクラメンは球根から葉や花茎を伸ばすため、
店頭に並んでいる状態から、あまり株を大きくすることはありません。
シーズン中なら、葉が触れあわない程度で十分です。

 

◎ガーデンシクラメンの位置
基本的に栽培に適した環境であれば、花壇のどこに植え付けても構いません。
ただし、ガーデンシクラメンはシーズン中に、花ガラや傷んだ葉を摘んだり、
葉組みの作業を何度も行います。

 

そのため、大きな花壇の奥の方など、手の届かない場所に植え付けてしまうと、
作業が難しくなり、手入れが行き届かなくなりがちです。

 

周りの植物の草丈なども考慮し、
できるだけ手の届く範囲に植え付けるようにすると、管理しやすくなります。

 

 

kadan

株間をとりすぎると、寂しい印象になります

 

 

■花壇 植え付けのコツ

 

ガーデンシクラメンは水はけの良く、清潔な土で植え付けるのが鉄則です。
けれど花壇の土をすべて入れ替えるのは難しいですね。
そんな時は、ガーデンシクラメンを植え付ける部分の土を新しいものに交換します。

 

ガーデンシクラメンを植え付ける部分を、深さ15cm~20cmほど土を掘り上げます。
掘り上げた部分に新しい培養土を入れてから、ガーデンシクラメンを植え付けます。

 

ガーデンシクラメンを植え付ける時は、根鉢を崩さないようにし、
あまり上から強く押さえつけないようにしましょう。

 

ガーデンシクラメンは、絶対に深植えにしないように注意します。
深植えすると、球根が土に埋もれてしまい、傷みやすくなります。

 

■参考
・シクラメン 育て方 温度は?
・シクラメン 室内の育て方は?
・シクラメンの育て方
・ガーデンシクラメンの育て方
◎ガーデンシクラメン 寄せ植え

◎ガーデンシクラメン 寄せ植え 簡単な作り方

 

タグ : 

寄せ植え・花壇

人気の記事