シクラメン 室内 育て方

シクラメンの育て方.net

シクラメン 室内の育て方は?

読了までの目安時間:約 8分

 

スポンサードリンク


Cyclamen (2)

シクラメン、大型の豪華なものは、耐寒性があまりないため、
冬季は、基本的に室内で管理します。

 

室内といえども、5度を下回るような環境に置いていると、
花や葉が傷んだりするので注意が必要です。

室内で、健康に育てるためのコツをご紹介します。

 

 

[シクラメン 室内の育て方は?]

 

■温度管理

 

シクラメンが一番快適な温度は、15度~20度くらいです。
ただし、寒さに強くないといっても、5度くらいまでは耐えられます。

 

反対に暖かい場所ばかりで甘やかしていると、
株姿が乱れてしまったり、軟弱に育ってしまいます。

 

ある程度の低温に当てることで、締まった良い株に育ちます。
また、室内管理で最も注意が必要なのが、日中と夜間の温度差です。

 

シクラメンは温度差があまりない方が生育しやすいので、
差を10度くらいまでに収めると蕾の上がりがよくなります。

 

暖房をつけている部屋に置いていると、
日中の気温が20度を超えてしまうことがあります。

 

さらに夜になって暖房を切ると、急激に冷え込んでしまい、
温度差が10度以上になって株が疲れてしまいます。

シクラメンの花を長く楽しむためには、室温に気を配ってあげます。

 

 

Cyclamen (1)

置き場所に気遣うだけで、開花が良くなります

 

 

■置き場所の工夫

 

室内でシクラメンを管理する時、
置き場所をどこにすればいいのか迷いますね。

 

見た目の美しいシクラメンですから、
人目のあるところに置きたくなるのが人情です。

 

来客や家族が出入りする玄関や、人の集まる居間などに、
置くことが多いのではないでしょうか。

 

ただ、そういった場所は、
シクラメンにとっては過酷な場所であることが多いのも事実です。

 

玄関や廊下は、常に人がいるわけではないので、冷えやすい場所です。
夜になると外気と変わらないこともあり、5度を下回ることもあるでしょう。

 

さらには日照がほぼない状態になることが多いため、
新しい花が上がりにくくなってしまいます。

 

反対に居間などは、人がいて昼間は暖かいですが、
暖房が効いている分、室温が高くなりすぎることがあります。

 

その場合は、暖房器具から遠い場所に置いて、
20度以上にならないように気遣ってあげます。

 

鉢植えである利点を生かし、昼間と夜間で置き場所を変えて、
過ごしやすい環境に置いてあげるととても元気に育ちます。

 

 

tyuuyabig

 

 

・昼間
室内に置いても、できるだけ日当たりを確保してあげましょう。
特に、株の中心には新しく伸びてきている葉や蕾があります。

 

ここに日を当ててあげることで、また新しい花が咲くようになります。
昼間は暖かく、日がよく当たる窓辺などに置いておきます。

 

この時の室温は20度までが理想的です。
あまり室温が高いと、花茎が伸びすぎてぐったりと倒れたり、
夏だと感じて休眠してしまうことがあります。

 

特に暖房器具を使っている場合は、暖房器具から出る熱風に当たると、
温度が高すぎる上に乾燥してしまいます。
必ず熱風に当たらない場所に置くようにしましょう。

 

また、ある程度は低温に当てて株を締めることも大切です。
日中に気温が10度を超えている晴れた日には、
外に出して日光をたっぷり浴びさせるのも生長を促します。

 

ただし、曇ってきたり、日が暮れてきた時には、
気温が急激に下がってしまいます。

 

暖かいうちだけ外に出すようにし、
気温が下がり始めたら室内に取り込むようにします。

 

 

cyclamen04

夜間の窓際は、想像以上に冷え込みます

 

 

・夜間
昼間と同様に窓辺に置いたままにしておくと、
気温が低くなりすぎてしまうことがあります。

 

窓辺はガラス1枚で隔てているだけのため、
外気と変わらない過酷な状況になることがあります。

 

5度~10度くらいまでの低温なら耐えられるといっても、
真冬の外気はそれ以上に低くなります。

 

それと同じくらいまで気温が下がってしまっては、
最悪の場合には枯れることもあります。

 

日が暮れて気温が下がってきたら、
窓辺から離した場所、部屋の中心などに置き場所を変えるのが一番です。

この時も暖房の風には当てないよう注意します。

 

どうしても窓辺からの移動が難しい場合は、
厚手のカーテンをしたり、発泡スチロールなどに入れておくと、
冷気をある程度、遮断することができます。

 

 

■暖房対策

 

冬は人間も寒いため、室内では暖房器具を使っていることも多いです。
暖房器具から出る熱風からシクラメンを離していても、
室内は乾燥しすぎていることがあります。

 

空気中が乾燥した環境は、シクラメンの葉や花を傷めます。
乾燥しすぎないように対策をしておきましょう。

 

加湿器などをつけて、室内全体の湿度を上げるのも方法のひとつですが、
シクラメンの周りだけ湿度を上げる方法もあります。

 

また、葉を霧吹きで湿らせて水分補給したり、
葉のホコリを清潔な布やティッシュで拭くのも、効果的です。

 

 

ukezara

砂のトレーで乾燥防止対策

 

 

少し面倒な方法ですが、砂のトレーを作ると乾燥に効果的です。

シクラメンの鉢よりも一回りか二回り大きい鉢皿を用意します。
そこに砂を入れて湿らせ、鉢皿の中央にシクラメンを置きます。

 

湿らせた砂から水分が蒸散し、シクラメンの周りの湿度を上げてくれます。

シクラメンには底面給水鉢と普通鉢の2種類があります。
底面給水鉢の場合は、鉢より大きい鉢皿に砂を入れるようにします。

 

普通鉢の場合は、いつも鉢の下に鉢皿を置いているかと思いますので、
それより大きい容器を準備して、砂を入れるようにしましょう。

 

湿らせた砂が乾いたら、また湿らせておけば、
何度でも繰り返し使うことができますし、電気代もかかりません。

 

■参考
・シクラメン 育て方 温度は?

・ガーデンシクラメンの育て方



スポンサードリンク

 

タグ :  

シクラメンの育て方 Q&A

人気の記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。