シクラメン 育て方

シクラメンの育て方.net

シクラメン 葉組み方法

読了までの目安時間:約 8分

 

スポンサードリンク


Cyclamen01

シクラメンを育てる時、葉組みという、
シクラメン特有の手入れをすると生育が良くなります

 

 

葉組みの作業は、室内で育てる大型のシクラメン、
小型シクラメン、ガーデンシクラメン共通です。

 

 

[シクラメン 葉組み方法]

 

 

■葉組みとは?

 

購入したばかりのシクラメンは、花が中心にかたまって咲いていて、
その周りを囲むようにして葉が茂っています。

 

どの販売点でも、大型・小型・ガーデンシクラメンに関わらず、
たいていの苗はこういった状態で売られています。

 

そのため、シクラメンは放っておいても、
花が中央に綺麗にまとまるように見えますが、
実はそうではないのですね。

 

花が中心に寄り、美しい株姿は、
生産農家の方の行き届いた手入れの賜物なのです。

 

シクラメンがの値段が高いのも、その手入れがあるからでしょう。
その手入れというのが、葉組みです。

 

シクラメンは球根の頭から、葉や花の茎を伸ばします。
自然の状態だと、どの場所から葉や花が伸びる、
というのは決まっていないので、混合状態で花と茎は伸びてきます。

 

それをそのまま放っておくと、葉と花茎が混ざってしまい、
花が中心には寄らずに、葉の合い間に散在するようになります。

 

葉組みを行うことにより、葉は外側に、花は中心へと移動し、
購入した時と同じような、美しい株姿を保つことができます。

 

 

yoseue1121 (1)

*花壇の奥にガーデンシクラメンなどを植え付けると、
葉組みや花ガラ摘みがしにくいので、
手入れできる範囲内に植え付けると良いです。

 

 

■葉組みの効果

 

葉組みをすると大きな効果は3つあります。

 

1. 日当たりを良くする
葉組みをせずに、自然に任せておくと、
どうしても株の中心が葉によって陰になってしまいます。
シクラメンは中心である球根から、葉や花の茎が伸びてきます。

 

この芽が日照不足になると、芽がきちんと生育することなく、

枯れてしまったりして、葉や花の数が極端に少なくなってしまいます。

 

葉組みをして、大きな葉を外側に動かすことで、

株の中心に日が当たるようになり、
新芽を健全に育てることができるようになります。

 

2. 株姿がきれいになる
葉組みをすることで、美しい株姿を保つことができます。
最初はキレイな状態を保てていても、購入した時の花が終わり、

 

新しい花茎や葉が伸びてくると、とたんに姿が乱れます。
そんな時に葉組みをすることで、花を中心に寄せ、

葉を外側に広げて元の株姿に近づけることができます。

 

3. 風通しが良くなる
シクラメンの内部は、すでに大きく育っている葉や花の茎や、

新しい芽が密集していて、風通しが悪い状態になりがちです。

 

風通しが悪くなると、カビが生えたり、

病気にかかりやすくなったりと、良いことはひとつもありません。

 

葉組みをして中心に空間をあけることにより、

風通しがよくなり、健康な状態を保つことができます。

 

 

■葉組みの頻度

 

・購入株
購入株の場合、既に葉組みの作業がされているので、
葉組みを頻繁に行う必要はありません。

 

生育期の間に、3~5回ほどではないでしょうか。

葉組みをした方が良いタイミングとしては、姿が乱れてきた頃です。

 

葉が中心に寄って、新芽に日が当たっていないと感じたら、
葉組みをして空間をあけてあげるようにしましょう。

 

・夏越え株
また、夏越しして2年目以降であれば、
生育期に入って1か月ほど経った頃=10月には、
葉組みをすると、その後の生長が格段に良くなります。

 

株や生育状態によりますが、生育期の間に、
7~10回くらい葉組みをしてあげます。

 

大型シクラメンやガーデンシクラメンは、
まず葉が伸びてきて、その後から蕾が出てきます。

 

そのため、茂った葉を放置しておくと、
ようやく出てきた蕾に、日が当たらず、
生長が鈍ったり、枯れてしまうことがあります。

 

生育期に入り、葉が茂り、株の中心に花芽が上がってきていたら、
葉組みをして光を当ててあげましょう。

 

 

hagumi001

夏越え株の葉組み前=葉や花の位置が散っています

 

 

hagumi002

夏越え株の葉組み後=葉の位置を整え花を中央に寄せています

 

 

hagumi003

葉も花も嬉しそうです♪

 

 

 

■葉組みの手順

 

1.まずは葉をかき分け、新芽が出ている部分を探します。
2.新芽を見つけたら、そこを中心にして、葉を外側へ動かします。
3.中心に集まっている葉は、たいてい新しく伸びた葉なので、
その葉を茎が絡まないよう、外側に移動させます。
4.中心に集まっていた葉を外側へ移動すると、
大きくてごわごわした古い葉が中心近くに残るので、
その葉も茎が絡まないように外側に移動させます。
5.外側に移動させた大きい葉を、
さらに下に引っ張って、鉢の縁に沿うようにします。
6.2日~3日は直射に当てず、明るい日陰に置いた後、日向に移動させます。

 

 

hagumi

葉組みの方法

 

 

・葉を移動する時、他の葉や花茎と移動する葉の茎が交差しないよう、
茎の状態をよく見ながら葉組み作業を行いましょう。

 

・葉の中から花茎が伸びてしまっている場合は、
葉と同じ要領で、茎が交差しないように気をつけて中央に移動させます。

 

・葉組みはシクラメンの株の中心に光を当てるための作業ですが、
作業後は必ず一回日陰で休ませてから日向に置きます。

 

それまで暗い場所で過ごしていた小さな芽に、
突然強い光を当てると傷むことがあります。

 

必ず2日~3日は明るい日陰で慣らしてから、
日向に移動させるようにしましょう。

 

■参考
・シクラメン 育て方 温度は?
・シクラメン 室内の育て方は?
・シクラメンの育て方
・ガーデンシクラメンの育て方
◎ガーデンシクラメン 寄せ植え

◎ガーデンシクラメン 寄せ植え 簡単な作り方

 

タグ : 

シクラメンの育て方