原種シクラメン 育て方

シクラメンの育て方.net

原種シクラメンの育て方

読了までの目安時間:約 11分

 

スポンサードリンク


■原種シクラメン 栽培スケジュール

haruzaki

・春咲き

 

akizaki
・秋咲き

 

huyuzaki
・冬咲き

 

 

■原種シクラメン 栽培データ

 

英名・学名 cyclamen・cyclamen
形態 多年草
原産地 地中海沿岸、小アジア、ロシア南部
草丈/樹高  5cm~15cm
開花期 春咲き:3月~4月 秋咲き:8月中旬~12月 冬咲き:12月~3月
花色 白、赤、ピンク、紫、複色
栽培難易度(1~5)  2
耐寒性 強い~やや弱い
耐暑性 強い~弱い
特性・用途  花期が長い、品種により花期や特性が違う

 

 

原種シクラメンは、名前の通り、
品種改良されていない原種のシクラメンです。

 

原産は地中海沿岸やトルコ、メキシコ、アフリカと、
意外と広い範囲で生息しています。

 

原産地が違えば、同じ原種シクラメンでも性質が異なってきます。
性質が異なれば、育て方も多少は違いが出ます。

 

原種シクラメンも、シクラメンやガーデンシクラメンのように、
「生育期」と「休眠期」が存在します。

 

生育期と休眠期のサイクルは、時期が少しずれることはあっても、
それぞれの管理方法としては、品種が違ってもあまり差がありません。

 

どのような品種の原種シクラメンを育てるとしても、
生育期と休眠期の基本的な育て方を覚えておくと、栽培しやすくなります。

 

 

Primitive cyclamen (3)

ヘデリフォリウムと思われる花

 

 

■原種シクラメンの育て方

 

・品種を選ぶ
原種シクラメンには、春咲き・秋咲き・冬咲きの品種があります。

 

中でも、日本では秋咲きの「ヘデリフォリウム」や春咲きの「コウム」が、
比較的手に入りやすく、管理が難しくない品種とされています。

 

他には、シリシアム・インタミナタムなどが育てやすいのでおすすめです。

原種シクラメンの中には、花が咲いた後に葉が出るものや、
葉と花が一緒に出るものがあります。

 

ガーデンシクラメンなどは葉と花が一緒に出るタイプなので、
花だけが先に出るタイプの原種を初めて見ると、驚くことも多いでしょう。

 

どのような品種を育てるにしても、品種によって性質が違うので、
育てたい品種のことをよく調べておきましょう。

 

育てる原種シクラメンの性質を知っておくことが、
栽培の失敗を減らすことにもつながります。

 

・苗を選ぶ場合
ホームセンターなどで取り扱っていることもあまりないので、
購入する時はインターネットを使うと便利です。

 

ここのお店の苗なら信頼できるというお店を見つけておくと、
どのような植物を購入する時でも安心で便利です。

 

もし店頭で見かけたものを購入する場合は、
いくつかの注意点をクリアしたものにしましょう。

 

◎原種シクラメン 良い苗の選び方 
1.葉の枚数が多く大きさがそろっている
2.花、蕾が多く球根にも新しい蕾が多数ついている
3.球根や葉が黄ばんでいたりカビが生えていない
4.葉や花に変色や変形がない
5.品種が明記されている

 

・植え場所(栽培環境)
原種シクラメンは、品種によって耐寒性と耐暑性に差があります。
コウムやヘデリフォリウムであれば、耐寒性も耐暑性もやや高いので、
地植えでの栽培が可能になります。

 

地植えにする場合は、開花時期によく日があたり、
休眠時期には半日陰~明るい日陰くらいになる場所がおすすめです。

 

どの時期も、風通しが良い方が病気や害虫の発生が少なくなります。
ただし、強風の吹く場所は、葉が傷み花茎が折れることがあるので、
避けるようにしましょう。

 

地植えか鉢植えか迷っているのであれば、
やはり鉢植えの方がおすすめです。

 

年間を通して、原種シクラメンの好む環境を、
地植えでは作ることができない場合でも、
鉢植えなら好む環境に移動させることができるからです。

 

 

cyclamen

よく購入する、おぎはら植物園(楽天市場)さま

 

 

・植え付け場所の準備
◎地植えの場合
原種シクラメンのほとんどは、水はけの良い土を好みます。
地植えにする時は、植え付ける場所を深さ20cmくらい掘り上げて、
よく耕しておきます。

その場所の水はけが悪い場合は、
赤玉土や鹿沼土などを加えて調整しておきましょう。
緩効性の化成肥料を、元肥として少量混ぜておきます。

 

 

Cyclamen coum

原種シクラメンコウム、生長点が用土に埋まる程度に植え付けます

 

 

◎鉢植えの場合
鉢を選ぶ時は、深すぎず浅すぎない普通のタイプにします。
素材は素焼きや駄温鉢、プラ鉢などで問題ありません。

 

・植え付け、植え替え
植え付けや植え替えは、休眠期のうちか、
葉芽や花芽が動き出し始めた頃が適期です。

 

深植えにならないように注意しますが、極端に浅くする必要はありません。
品種によって球根をどれくらい埋めるかが違ってきます。

 

植え付けの深さが分からない場合は、
球根の頭がギリギリ埋まる状態にしておきましょう。

 

鉢植えの場合は、球根の直径の2倍の直径の鉢に植え付けるようにします。
地植え、鉢植えともに、根はあまり傷めないように注意しましょう。

 

鉢植えの場合、何年かすると根がいっぱいになって、
生育不良を起こすことがあります。
1年~2年に1回くらいのペースで植え替えてあげましょう。

 

 

cyclamen (26)

このらせんに、惚れてしまいました♪

 

 

・水やり
生育期は、土の表面が乾いたら、たっぷりと与えます。
鉢植えの場合は、鉢の底から水が出てくるまでしっかりと与えます。

 

鉢皿に乗せているのであれば、鉢皿に残った余分な水は、
その都度捨てるようにしましょう。
鉢皿に水を残しておくと、過湿の原因になります。

 

休眠期は、葉がない状態になった場合も、時々水を与えるようにしましょう。
水を与える時は、生育期のようにたっぷりは与えず、
表面が湿る程度でも十分です。

 

環境によって、休眠期なのに葉が残ることがあります。
その場合は、生育期と同じように、土の表面が乾いたら水を与えます。
ただし、過湿にならないよう、くれぐれも注意しましょう。

 

・追肥
肥料は、ごく少量与える程度で大丈夫です。
生育期に、1か月~2か月に1回、緩効性の固形肥料を与えるか、
10日~2週間に1回、液体肥料を与えるようにします。

 

肥料を多肥にしない程度に多めに与えても、元気に育つことはあります。
球根も大きく肥るため、一見すると良さそうに見えますが、
休眠期に入った時に、球根が傷みやすくなるため、おすすめはできません。

 

休眠期は、葉があってもなくても、追肥をする必要はありません。

 

・花ガラ摘み
花期の間、花が傷んできたら花ガラを摘みましょう。
花ガラを摘むことで、見た目を美しく保つことができ、
病気の発生を防ぐことができます。

*こちらの中程に花ガラ摘みのやり方の画像と説明があります。

>>シクラメンの育て方

 

・種採り
種で増やすことができます。
花が咲いている時に、指で軽くはじくように刺激を与えると、
受粉して種ができることがあります。

 

花が咲き終わったあと、花の付け根が丸く大きく膨らみ、
花茎がくるくると巻いていきます。

 

花茎がくるくると巻いているものは、種ができています。
実が裂けたら、中に種があるので、それを取って土に播きます。

光を嫌うので、覆土して明るい日陰で管理するようにしましょう。

 

■病害虫

過湿により、球根が腐ったり、カビが生えたようになることがあります。
植え付ける時には、必ず水はけの良い、清潔な用土を使いましょう。

 

時々、アブラムシがつくことがあります。
数が少ないうちに、粘着テープなどで捕殺するようにしましょう。

 

■原種シクラメン 育て方のコツ
1.品種ごとの性質を理解し合った育て方をします
2.水はけの良い清潔な用土に植え付けます
3.生育期と休眠期の水やりに気遣います。  

 

■参考

・ガーデンシクラメンの育て方

・原種シクラメンの蕾が! ←栽培記録

・シクラメン コウムの育て方
・シクラメン ヘデリフォリウムの育て方
[原種シクラメン] ブログ村キーワード



スポンサードリンク

 

タグ : 

原種シクラメンの育て方

人気の記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。