シクラメン 葉に白い粉

シクラメンの育て方.net

シクラメン 葉に白い粉

読了までの目安時間:約 5分

 

スポンサードリンク


この白い粉の正体は?

 

 

シクラメンを育てていると、日々の変化が嬉しくなります。
けれど、中には不安になる変化を見つけることもあります。

 

シクラメンの葉をじっと見ていると、
白い粉のようなものが付着していることがあります。

この粉は何でしょうか? 悪影響はないのでしょうか?

 

 

[シクラメン 葉に白い粉]

 

 

■シクラメンの葉に白い粉がある原因

 

シクラメンの葉に白い粉がついていることがありますが、原因は様々です。
特に問題のないものもあれば、すぐに対処した方が良いものもあります。

 

白い粉の原因をしっかりと見極め、
対処が必要な場合は、すぐに対応しましょう。

 

・花粉
シクラメンの花は、花粉が出ます。
品種によっては、花粉が少ない品種や、
雄しべが弁化していて花粉が出ないものなどがありますが、
基本としては花粉が出ます。

 

シクラメンは下向きに花が咲き、花弁が上向きに反っているため、
下を向いた口元から花粉がこぼれ、葉に付着することがよくあります。

 

花粉であれば、白い粉がついていても特に問題はありません。
気になるようであれば、葉の表面をさっと拭いて、
粉を取り除いておくと良いでしょう。

 

・病気
シクラメンの葉に白い粉がついている場合、
もしかすると病気のサインかもしれません。

 

白い粉が、粉っぽい場合はうどんこ病
少しべたっとしていれば、カビや灰色かび病といった病気が疑われます。

 

どちらもカビの仲間の菌が原因で起こる病気ですが、
気温が低く風通しの悪い場所や、日当たりの悪い暗い場所で起きやすい病気です。

 

水やりの時の水や雨の水滴によって、少しずつ広がっていくので、
初期のうちに対処しておいた方が得策です。

 

もし白い粉がついているのを見つけたら、症状の出ている葉だけを取り除きます。
ごく初期のうちであれば、これだけでも完治する場合もあります。

 

範囲が広い場合や、症状の出ている葉を摘んでも、
症状が広がってきているような場合は、殺菌剤などを散布します。

 

この場合、シクラメンに使える薬剤を選び、
用法や使用できる回数をチェックしてから散布します。

 

また、こういった病気にかからないよう、栽培環境を整えるのも大切です。
シクラメンは日当たりを好み、風通しの良い場所の方が良く生育します。

 

風通しの悪い場所や日陰、気温が低い場所では、病気にかからなくても、
調子を崩しやすくなることが多いので、注意しましょう。

 

・害虫
シクラメンに発生しやすい害虫に、
スリップスホコリダニといったものがあります。

 

これらの害虫が発生すると、白い粉状のものが出ることがあるため、
葉の上の白い粉がついているのを見つけたら、注意しましょう。

 

害虫がいる場合は、虫メガネなどで葉の裏や茎、花、新芽部分などを、
くまなく見ていくと、小さな虫を見つけることができます。

 

スリップスやホコリダニは、高温乾燥時に発生することが多くなるので、
湿度にも注意して管理します。

 

冬は空気が乾燥しがちで、さらに暖房を使うことによって乾燥が助長され、
室温も高くなるので、害虫の発生が増えます。
風通しがよく、涼しい場所で管理し、空気が乾燥しすぎないようにします。

 

もし害虫が大量発生していたら、適応する薬剤を散布して様子を見ます。
一度散布しただけでは、完全に駆除することができない場合が多く、
何度か散布することになります。

 

その場合、同じ薬剤ばかりを使っていると、
害虫側に薬剤への耐性ができてしまい、薬が効きにくくなります。

1回か2回で症状がおさまるようであれば良いですが、
効き目が悪く、さらに何度も散布する予定の場合は、
薬剤の種類を変えて、ローテーションしながら散布すると効果があがります。

 

■参考
・シクラメンの育て方 12月
・シクラメン 育て方 温度は?
・シクラメン 室内の育て方は?
・シクラメンの育て方



スポンサードリンク

 

タグ : 

シクラメンの育て方 Q&A

人気の記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。