ガーデンシクラメン 冬越し

シクラメンの育て方.net

ガーデンシクラメン 冬越し

読了までの目安時間:約 8分

 

スポンサードリンク


ガーデンシクラメンは、大輪のシクラメンに比べ、耐寒性が強いです

 

 

そのため、戸外でも越冬することができ、
冬の寂しい庭を美しく彩ってくれる存在です。

 

寒さに強いガーデンシクラメンも、手入れをすることで、
より丈夫に美しい花を咲かせてくれます。

 

[ガーデンシクラメン 冬越し]

 

 

■ガーデンシクラメンの特性

 

シクラメンよりも耐寒性も耐暑性も強いのが、ガーデンシクラメンです。
葉と花はシクラメンよりもやや小さいですが、芳香を持つ品種もあり、
他の植物と合わせやすいので、冬の花壇でも楽しめます。

 

耐寒性の強さが優れているので、戸外で越冬できることが多いです。
状態によっては、-5度まで耐えることもありますが、
0度くらいまでであれば問題はありません。

 

耐暑性は強いですが、シクラメンと比べての話で、基本的には暑さは苦手です。
戸外で管理するのであれば、冬の間に高温になることはほとんどないので、
冬の間の高温は気にしなくても構いません。

 

同じシクラメンの仲間の中に、ミニシクラメンという品種群があります。
シクラメンに比べて、葉や花がコンパクトに育つ品種群です。

 

見た目はガーデンシクラメンと似ているものも多く、
ミニシクラメンなのにガーデンシクラメンの名前で売られることがあります。

 

ガーデンシクラメンも、ミニシクラメンとして売られるので、注意が必要です。

 

株についているタグなどに記載されている育て方などから、
ガーデンかミニかを判断するようにします。

 

ミニシクラメンの中には、シクラメンに比べて耐寒性が強い品種もありますが、
基本的にはシクラメンと同じ環境が適しています。

 

ガーデンシクラメンと同じように戸外に置いておくと、
寒さで枯れることがあるので要注意です。

 

 

冬でも元気に咲くガーデンシクラメン

 

 

■置き場所・植え場所

 

ガーデンシクラメンは、大輪のシクラメンよりも耐寒性が強いです。
状態によっては-5度まで持つといわれますが、目安としては0度です。
0度以上の気温があれば、特に防寒をしなくても越冬することができます。

 

ただし、冬の間はガーデンシクラメンは開花期で生育期間なので、
日当たりが良いことが多く花を咲かせる重要なポイントとなります。

 

花壇などに植えこむ場合でも、鉢植えにして育てる場合でも、
日当たりの良い場所を選ぶようにすると、冬の間も花が途切れません。

 

また、寒風が当たらず、かつ風通しを確保することも重要です。
強い寒風が当たると、耐寒性のあるガーデンシクラメンでも、寒すぎます。

 

逆に、風通しの悪い場所だと、病害虫が蔓延することもあります。

 

病害虫に関しては、薬剤等を使って防除することもある程度は可能ですが、
やはり風通しを良くし、健全で強い株に育てることが大切です。

 

 

ガーデンシクラメンの間株はもう少し狭くして、マルチングすると良いでしょう

 

 

ガーデンシクラメンは、花壇に植える時、あまり株間を広くする必要がありません。

株間を広くとると、上の画像のように見た目が貧弱になります。
ただ、複数の株を合わせて植え付ける寄せ植えなどは、
できるだけ葉と葉が触れあわない距離にしておくのが良いですね。

 

葉が触れあう距離だと、株間がほとんどなくなり、風通しが悪くなります。
これは鉢植えでも同じことで、鉢を並べて置く時は、
葉と葉が触れない程度に離しておくと、風通しを適切にできます。

 

 

2年目のガーデンシクラメン、日光不足で徒長しましたがようやく元気になりました

 

 

■基本の管理

 

ガーデンシクラメンは、冬の間も生育を続けています。
基本の手入れをこまめに行うことで、病害虫予防にもなります。

 

・水やり
土の表面が乾いたら、たっぷりと水を与えるようにします。
水やりの時は、葉や花、塊茎に水が当たらないようにしましょう。

 

また、冬は夕方に水を与えるのは控えます。
夕方に水を与えると、土が凍ってしまう原因となります。

 

・追肥
植え付けから2週間~3週間は、追肥する必要がありません。
その後は、1週間に1回のペースで、液体肥料を与えるようにしましょう。

 

・花ガラ、葉ガラ摘み
花が終わったものや、枯れた葉は適宜摘み取りましょう。

 

・葉組み
月に1回くらいのペースで葉組みを行うと、株の中心まで光が入るようになります。
ガーデンシクラメンは、塊茎の中心から新芽が発生するため、
この部分に光を当てるようにすると、葉も花も数を増やせます。

 

 

こちらは、3年目ですが、特別な防寒対策をせずに、よく育っています

 

 

■防寒対策

 

ガーデンシクラメンは耐寒性があり、
葉や花に霜があたったり、多少凍るくらいでは枯れません。

 

ただ、土が凍ってしまい、その影響で根や塊茎まで凍ると良くありません。
また、霜が根を押し上げることで露出するのも根を傷めてしまいます。

 

霜が心配な地域や、寒い地域で育てる場合は、防寒対策をしておきましょう。

 

防寒対策といっても、それほど手間はかかりません。
地上部の葉や花は寒さに耐性がありますし、
霜によって根が押し上げられるのを防ぐことができれば、
たいていは戸外で冬越しが可能です。

 

ガーデンシクラメンの株元に、腐葉土、ワラやバークチップなどマルチを敷くだけです。
マルチングだけで霜が根を押し上げることはありませんし、
土が完全に凍ってしまうのも防ぐことができます。

 

バークチップやクルミの殻などを使えば、見た目もオシャレに仕上がります。

 

■参考
・シクラメン 育て方 温度は?
・シクラメン 室内の育て方は?
・シクラメンの育て方
ガーデンシクラメンの育て方
◎ガーデンシクラメン 寄せ植え

◎ガーデンシクラメン 寄せ植え 簡単な作り方



スポンサードリンク

 

タグ : 

シクラメンの育て方 Q&A

人気の記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。